どっちが良いの?自己処理とレーザー脱毛の違いを3つの面から紹介

効果面で検討するなら長い目でみることも大事

自己処理よりもレーザー脱毛の方が効果的なイメージを持っている方も多いでしょう。実際のところはどうなのでしょうか。自己処理はその場ですぐにキレイになれます。毛抜きを使えば根元から毛を処理できるので、一時的にはムダ毛のない肌に見えるでしょう。ただし、すぐに新しい毛が生えてくるため、永続的な効果を期待する方にはおすすめできません。一方、レーザー脱毛は毛を生やす細胞を攻撃して毛の再生力を抑える物です。施術の回数を重ねるごとに毛が薄く細くなり、ムダ毛の数も減っていきます。さらにある程度の回数を終えれば施術に行かなくても効果が続くので、長い目で見るとレーザー脱毛の方がおすすめです。

肌への負担も考慮することで肌荒れを防ぐ

そもそも脱毛は肌を美しく見せるために行う人がほとんどでしょう。それなのに脱毛をした結果、肌が荒れては本末転倒です。そこで肌への負担という面で自己処理とレーザー脱毛がどう違うのかを見ていきましょう。自己処理は毛抜きやカミソリ、除毛クリームなどを用いて行うのが一般的です。いずれも肌が傷付きやすく、色素沈着や埋没毛の原因となってしまいます。一方レーザー脱毛は特殊な光を肌にあてる方法です。とても高熱になるため、肌が軽くやけどしたような状態になる可能性があります。もちろん施術の際は高熱の対策として、光をあてると同時に冷やすための機器も用意しているので実際にはやけどの状態になることはないでしょう。自己処理もレーザー脱毛も肌への負担は大きいものですが、レーザー脱毛はある程度の回数を行えば施術をする必要がなくなるため、長い目で見るとレーザー脱毛の方が負担を抑えられます。

費用は金額だけでなく時間も併せて検討

自己処理とレーザー脱毛にかかる費用を比べた場合、圧倒的にレーザー脱毛の方が高価です。自己処理の場合は、毛抜きやカミソリ、除毛クリームなどの道具を買うだけなので安く済みます。ただしカミソリの刃や除毛クリームは定期的に買い足す必要があるため、ランニングコストがかかります。一方レーザー脱毛はイメージ通り高価です。ただし「時は金なり」という言葉の通り、費用だけでなく脱毛にかかる時間も天秤にかけてみることも重要です。自己処理は意外と時間がかかるうえ、ムダ毛が気になるうちは永久的に続けなくてはなりません。しかしレーザー脱毛は満足のいく回数を通えば、それ以降は脱毛に時間をかけることがなくなります。時間という視点も併せてみた場合は、レーザー脱毛の方がお得になる場合もあるはずですよ。

レーザー脱毛を身体に行う場合は、2~3か月に一度の割合で5~12回の照射をすることで効果を実感できます。