気になるニキビ跡!自分で直す方法はあるの?

ニキビ跡改善にはターンオーバーが重要!

ニキビが直ったのに、ニキビ跡がなかなか直らないと悩んでいる人も多いでしょう。ニキビ跡には、赤み、色素沈着、クレーターと症状が異なっているため、まずは自分のニキビ跡の症状を理解する事が大切でしょう。症状によって適した直し方はありますが、全てに共通しているのが、肌のターンオーバーを正常に戻すことです。肌のターンオーバーが正常に機能していると、肌が常に生まれ変わるため、ニキビ跡を改善する事ができるようになるんですよ。

ターンオーバーを正常に機能させるためには

ニキビ跡は、肌のターンオーバーを正常に戻すことによって改善する事ができます。では、どうすればターンオーバーは正常になるのか、知らない人も多いでしょう。肌に溜まった古い角質を取り除く事が必要であり、実は、毎日のスキンケアで改善する事ができるんですよ。朝晩洗顔を行いますが、この洗顔がしっかりとできていると、自然に古い角質は落ちているのです。ニキビ跡が直らない場合は、洗顔剤が肌に合っていない、また洗顔方法が間違っている可能性があります。

スキンケアで肌を修復しよう

毎日のスキンケアが肌に合っていないと、どれだけケアしてもニキビ跡を改善できない事があります。洗顔で古い角質を落とし、水分や美容成分をしっかりと肌に浸透させて、柔らかくしてあげる必要があるんですよ。肌が柔らかくなれば、美容成分もしっかりと浸透するため、美しい肌を取り戻せるようになります。また、ダメージを受けた肌を修復するためには、コラーゲンの働きが必要なので、コラーゲン配合の化粧品などを使うと効果的ですよね。

ニキビ跡とは、ニキビが出来たあとに出来るクレーターのような凹みのことです。ニキビが出来た皮膚を引っ掻いてしまうことにより雑菌が入り出来てしまいます。